CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< ABC!っと英会話教室スタート!!!! | main | タクシー >>
夢のMC
0
     今日夢で〜〜

    突如ディズニーランド(もしかシーかな?)でMC&漫談をすることに。
    軽く次に登場するスピリットを紹介するだけぐらいだろ?とか思ってたら、なんと1つのコーナーとして俺のトークがあると。
    それを出番10分ぐらい前に知らされる。

    よく見ると他の出演者には、ゾーイ・ディシャネルなんかもいてスゲー大掛かりなイベントで(まあ、ディズニーなんだから当たり前なんだけど)内心パニック。

    でも、パニクってるのを周りに悟られると「こいつ、さてはウチ(ディズニー)をナメてやがったな〜・・」と思われヘタすりゃ怒られるので、平常心を保。

    で、俺のコーナー実はちゃんと作家さんがいて台本があると聞かされ、10分ぐらいで覚えられんのか!?と思いつつも、まあ、無いよかマシ!と思い台本取りに行くと、なんと作家さんはドンくん!(スピリットのメンバー)

    うそん!大丈夫か、、、!?と思い恐る恐る目を通すと、案の定毎日仕事で忙しいドンくんが書いた台本はほぼ5行ぐらいしか書いてなく、すべて「ここで◯◯っぽいっことを言う〜」みたいな超アバウトな内容しか書いておらず、うう〜んもう出たとこ勝負だ!!とヤケクソで舞台袖待っていると目が覚めた。

    まあ、俺の日頃世間様に対するナメた心構えが身から出た錆となることを具現化した夢だったんだろう。と、すでに寝坊しつつも反省しました。と、同時に、日頃本当にTDRの現場で働く友人たちはつくづく凄いなと感服した次第であります。

    ちなみに、このイベントのスポンサーはサムソンでした。
    | - | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://gorillamonmon.jugem.jp/trackback/73
    トラックバック