CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< MJ FANS CONVENTION 2012 | main | 初乗船! TITANIC IMAX3D >>
気仙沼
0
     3月10、11日と、宮城県は気仙沼市にお邪魔してきました。

    メンバーはポリゴン太さんとあいりちゃんの3人で。
    目的は、お世話になっている方が気仙沼でカフェをオープンさせたというのでご挨拶、そこで飯を食ってくる。それと先月のAX公演で集めた募金を直接お届けする。

    それぐらいで、さして大義名分もなくて。

    とは言え、3人とも自分自身で見聞きしたい。

    それが野次馬的好奇心なのかなんなのか、わからないけど、とにかく見ておきたい。
    そんな想いがありました。

    現地について目の当たりにした光景、というより空気はやはり現場でしか感じないものでした。これは去年5月に南三陸町にお邪魔した際も感じたんだけど。


    で、夜になって腹も減ってきて、せっかくだから街の特産物を食いまくろう!
    よいうことで、港のすぐそばに出来た「復興屋台 気仙沼横町」へ。


    IMG_1159.JPG

    気仙沼横町リンク

    ここでやたら美味いホルモンをこんな感じで〜


    IMG_1160.JPG
    IMG_1163.JPGIMG_1161.JPG
    IMG_1169.jpgIMG_1177.JPG

    しこたま食い散らかした。

    あまりにも美味くて、3人にで15人前は食った。

    その後同じく屋台村にショットバーがあるのを発見。
    覗きに行ってみると中から若い兄ちゃん達が手招きしている。

    店に入ってみるとちょうどテキーラショットをかますタイミングだった。

    地元のみなさんにテキーラをガッチリ飲まされてたところで軽く自己紹介。
    若い兄ちゃん達2人は聞けば俺たちと同じ30代なかばだった。

    ひとりは地元の漁師さん。
    もうひとりは車のカスタムパーツ屋さん。

    その2人から地元の美味い海鮮の話しをたっぷり聞いた。
    ガキの頃から食いまくった最高の海の幸。特にマンボー漁の話しは傑作だった。

    そうして夜も酒も深まった頃、漁師の兄ちゃん達がこう言った。


    「でも、あの時ばかりは海が憎かった。」
    「憎いな。」
    「本当に憎かった。」



    「1年か。」







    今回ここでの話しをこうしてブログに書くか迷った。
    俺はジャーナリストでもなければプロの物書きでもない。
    だから自分の中だけでとどめとこうと思った。

    でも、この兄ちゃん達に沢山のひとに伝えてくれ、と言われ書いてみようかと。


    正直、この文章を読んだところでほとんど伝わってないと思ってほしい。
    俺の文章の上手い下手にかかわらず。

    それは、百聞は一見に如かず。

    この一言に尽きる。


    これは凄惨な話しです。


    上手く文章で伝えられる自信がないので、とりあえず印象に残る話しを箇条書きにします。





    津波のあと気仙沼市を襲った火災。
    ニュースでも見た事あるあの火の海。


    車屋さんの兄ちゃんはその火の海の中にいたそうです。
    自身の2人の子供と一緒に。
    火に囲まれどんどん迫る火の手。もう死ぬなと思った。確実にそう思った。
    でも、なんとかなんねえかなと思った。

    でも、焼け死ぬなと。だから、せめて子供達は苦しまねえように自分の手で死なそうと思った。


    救助されたあと、3日間飲まず食わず。
    大人は良い。ガマン出来る。子供になんとか食わせたい。でないと死んじまう。
    そこに救援物資を届けにヘリが来た。でも、フランスパン二斤と水二本。
    避難所には400人。
    なんとか子供たちにペットボトルのふたに一杯の水。それで生きた。



    漁師の兄ちゃん。

    目の前で沢山人が流されていった。
    なんも言えねえ。だいじょぶか?も出ねえ。目の前で沢山の人が流されて行く。
    ただ、立ち尽くしているだけ。

    近くにいたおじさんは「助けてー」と流されるひとに手でこうした。(バッテン)
    助ければ自分が死んじまう。何も出来なかった。



    ふたりの話し。

    引き波で流される人たちは人の形をしていない。
    みんなバラバラ。

    脚はぐりぐりにねじれてもげている。
    手とか、上半身だけとか沢山流れていく。

    漁師の場合は漁師のツナギ着てるからまだわかる。
    でも、それでも体の一部。原型はない。

    あれ、でも、みんな溺死じゃねえんだってよ。
    砂が一瞬で肺をいっぱいにしちまうんだって。
    だから砂が入って一瞬らしい。

    水が引いたあとはそんな遺体がそこら中にあった。
    電線の上にもいっぱいひっかかってる。
    今飲んでるここも一杯あったよ。


    友達は歩道橋の上に上半身だけひっかかっていた。


    脚が悪いお年寄りを助けに行ってそのまま連れていかれちまった。

    あれは人じゃねえ。
    パーツだ。
    でも、誰かのもとに還るまでは人間なんだよな。



    なんで行っちまったんだろう、、、?
    行っちまったな、、、。



    時おり2人ともしばらくカウンターやコップの中を見つめる。



    漁師の兄ちゃん

    本当がんばったよ。
    てか、がんばってる。
    むちゃくちゃがんばってる。負けてられっか。東北人の意地見せてやる。

    車屋さんの兄ちゃん

    ああ、がんばてる。負けてらんねえ。


    でも、俺、子供達いなかったら自殺してたと思うわ。


    漁師の兄ちゃん

    ああ、俺も家族いなかったらしてると思うわ。


    ふたり


    なんだかんだで漁師で自営でそこそこ良い暮らししてた。
    でも、なんもなくなっちまって、それでも生きてきゃなんねえ。

    なりふりかまわず、がんばった。
    ビルの清掃やったり、免許がないけどダンプも運転した。

    生きていかなきゃな。



    一緒にいた仲間のおじさんが一言。


    「こいつ(車屋さん)は相方亡くしてんだ。」


    相方とは奥さんだろうか。それとも同僚だろうか。
    聞けなかった。


    漁師の兄ちゃん
    避難所にずっといようか迷った。出て、仮設に行けば光熱費は全部自分持ちだ。
    そんなのやってけねえ。(金銭面で)

    でも、がんばるしかねえ。
    マッジで気仙沼の、東北の意地魅せてやっから。



    車屋さんの兄ちゃん
    そういや、水が出た時これんじゃヤベえって言われてよ。
    放射能がヤバいって。

    漁師の兄ちゃん
    そうそう。俺ら原発爆発したの3日ぐらい知らなかったしな。

    車屋さんの兄ちゃん
    でも、そんなの言われても飲むしかなかったしな。
    子供に飲ませちゃいけねえ、言われたし思ったけど、でも、
    飲ませねえと死んじまうんだもん。

    もし、放射能の水飲んでヤバくなっても数年後か、、、
    でも、あの時は飲ませなきゃ明日には死んじまう。
    どうせ死んじまうなら、、、、、。

    本当生きるか死ぬか。
    あの時は金なんてただの紙切れ。本当に。
    それよりも食いもんだったり飲みもんだったり。

    魚肉ソーセージってあるでしょ?
    あれ、近所の婆ちゃんが800円で買ってきたっつってマジまいった。


    漁師の兄ちゃん

    頼みがあんだけどな。(俺らに)

    沢山義援金集まってるけど、凄くありがたいけど、とりあえず俺たちの手にはほとんど来てないんだ。だから俺たちが今けっこう良い暮らししてんじゃねえか?なんて思わないで欲しい。
    本当いっぱいいっぱい。なんかTVじゃ色々集まってるいうからなんか申し訳ねえっつーか。


    俺:そんなんみんな全っ然思ってないっすよ。本当に。でも、どこへ行ってるんだろう?って疑問はみんなあると思うけど、、、、。


    ふたり

    本当、TVはほとんど映してねえからな。
    流せねえよ。 
    みんなカメラむけられるとつい良いこと言っちまうんだよな。
    なんか悪い気がすんのかな。

    でも、助けたくても助けらんねえよな〜。

    俺、もし東京とかどっかわかんねえけど、今みたいに大変なことあったら行くよ。
    ぜってぇ行くよ。今こんだけ応援してもらってるし。

    でも、おめえすぐには動けねえべ?
    状況がわからん。

    気持ちはあるべ?
    あるよ!

    でも、どうしたら良いかわからんよな、、、。

    それと一緒だべ。


    俺たち

    ああ、それ、俺らも凄いもどかしかった。
    TV観たら燃えてるし、すっげえことになっちゃてるし、、、
    なんかしたいけど、何出来るんだろう?って、、、


    ふたり

    やっぱそうなんだよな〜。



    1年か。

    本当、がんばらねえとな。がんばってスゲエくなった気仙沼魅せてやる。





    突然漁師の兄ちゃんがまっすぐ俺たちを見て

    これっきりってのは無しにしてくれよ。
    また来てくれよ。
    2年後3年後でも良い。

    復活した気仙沼に来てくれよ。


    俺たちも、もちろんっすよ!と。
    つーかそんなに先にしませんよ!
    まずはマンボウ食いに来ねえと!


    漁師の兄ちゃん
    プ〜カプ〜カ(マンボウのマネ)

    一同爆笑





    と、こんな感じで話した。時に聞いていた。
    とにかく、話していて悲しくなるとか恐ろしくなるとか、そういうのもあるけど、とにかく胸がつまった。ハンパなくつまった。

    途中、あいりちゃんは耐え切れず外に出て、小屋の裏で号泣してしまっていた。
    あまりにも現実すぎたらしい。

    俺も色々な感情がごちゃ混ぜになった。
    こんなにも凄惨な話しを、同じ世代から聞くのものなんだかうまく言えないけど本当に強烈だった。



    とにかく、長文乱文だけど今思い出せる内容をつづってみました。


    でも、あくまでこれは俺経由のテキストで。

    当たり前だけど、やっぱり目の前で生き抜いてる方達と会話するのでは感じるもは別物だと思う。なんか、これすらうまく言えないけど。

    きっと彼らも1年目を前にして、初めてお互い胸の内を話し、また聞かせてくれたって感じだった。よそモンの俺らに、しかも何するわけでもなく飯食いに来たぐらいの俺らに「来てくれてありがとう。」

    と、言ってもらえたのは本当、なんか救われた。
    やっぱ、正直どこか後ろめたかったのも確かだと思うし。



    今、被災地と呼ばれる地に足を踏み入れるには何かしら大義名分が必要な、そんな感じが多少なりともあると思う。
    でも、あの兄ちゃん達も言ってたけど、別にそんなのいらないと。





    とにかく、来て、見て欲しい。
    俺たちはがんばっているんだと。




    今なら頭数ちょっとあって車で行けば全然格安で行けるよ。
    東京からなら500キロくらいだ。
    時間はのんびり行って7時間半って感じかな。

    良い街ですよ。
    気仙沼。

    何より食い物がやたら美味い!そして安い!
    これだけでも充分足を運ぶ価値アリまくりってもんすよ。


    みなさんも、行けるならぜひぜひに。



    追伸
    この後も地元の先輩が交じり爆笑しまくったりして過して、さて帰ろうかとなり、改めて挨拶を交わしたら、なんと車屋さんの兄ちゃんはポリゴン太さんの超知合いの知合いで、2月には彼の作品を拝んでいたことが判明!

    さらには、趣味のバイクで俺の地元のレース場にはしょっちゅう遊び来てたことも!

    まあ、本当、御縁って不思議かつ素敵なもんだなと思いました。

    いや〜、ぶったまげた。



    | - | 05:40 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    お疲れさまでした。

    自分の目で実際に見てみないと分からないことってたくさんありますね…
    私は去年の夏、岩手へ車の免許を取りに行きましたが、そこは津波の被害がなかった地域でした。陸前高田で教官をしていた方にも出会いましたが震災から間もなかったこともあり話を詳しく聞くことは気が引けてしまいました。テレビの報道で現実を知った気になっていたし、その地域は崩壊した建物は多少あったものの、比較的無事のようだったのでそこまで聞く必要もないと思ってしまったのかもしれません…

    ですがこの記事で漁師さんたちの話を読んで、津波の被害や悲劇の実態を何も自分は知らなかったんだと痛感させられました。いくらテレビを見ても写しきれていない、伝えきれていない現実がそこにはあるのだと。媒体は言葉ではあるけれど、これほど生々しい実体験からのお話を私たちにも伝えてくださってありがとうございます。どんなテレビ番組よりも飾らないそのままの現実を聞けたように思います。よくテレビで聞く「津波に流された」という表現ってこんなにショッキングな光景を孕んでいたなんて思いもしませんでした。被害はこれだけが全てではないのはわかりますが、それでもその壮絶さが伝わってきます。

    義援金など間接的な支援しかできない我々の中で、こんな風に現場へ足を運んだゴリラさんたちを見習わなければと思いました。震災から一周年が迫る前まで、3.11に関する報道はほぼ皆無のようになっていたので、こっちに住む人たちの意識が被災地に向かなくなってきていたように思いました。恥ずかしながら私もその1人でした。でもまだまだ復興だってこれからだし、足りないものだって全然あるし、私たちはこの悲劇が終わったなんて少しも考えちゃいけないんだと思いました。そんな簡単に考えたら、津波に飲まれて亡くなった方々、またそのご遺族、被災されている方々に申し訳なさすぎますよね。

    でもこんな中でも強く生きている方々がいて、こんな風に笑ったり明るく振る舞ったりして前向きに復活を目指しているのだと知って、逆に励まされました。
    私たちも1日1日の有り難さを感じて生きていかなければいけないですよね。

    なんか上手くまとまらずダラダラと書いてしまいましたが、貴重なお話をありがとうございました。そして本当にお疲れさまでした。
    | YT | 2012/03/12 1:35 PM |
    YTさん
    コメントどうもです。

    いや〜本当自分らは飯食いに行ってきたようなもんでして、なんか恐縮しちゃいます。
    でも、実際行く前はちょっと迷ったんです。
    やっぱ何か現場で足しに成るような存在でも無いし。
    ましてや1年目。
    でも、そのタイミングで自分自身の身体で感じておきたいなと思って。
    まあ、やもすればエゴなんですけど。でも、本当行って良かったなと。実際地元の兄ちゃんらに「来てくれて良かった。」と言われ救われた気がしました。

    俺も去年5月に南三陸町に行ったんですけど、震災からまだ2ヶ月も経ってなかったので、その凄惨な光景は生涯忘れることはないと思ったし、今でも思ってます。でも、いつからか、ちょっと意識が薄らいだのも事実だと思います。気づけば自分の生活にまた手いっぱいで。
    身近な支援活動もいったん休止になり、少し落着いてきたのかな?と。まあ、勝手な思い込みで。

    そんなんもあってか、今回ちょうどお世話になっている方が気仙沼で復興活動されてるのでご挨拶がてら遊び行って現場を見て来ようと思ったんす。

    今は被災地と呼ばれる現場に行くのは色々と意を決することも多いかと思います。
    でも、行ってみて自分で思ったのは、観光でも良いからみんな遊びに行って食って飲んで話して、そんな自分なりの見聞きが出来れば良いんじゃないかと。

    現に地元の兄ちゃん達も「観光でも良いから来てくれ。」って言ってたし。

    なんだかよくわからない長文になってきちゃいましたが(笑)もし機会があれば”観光”でも全然良いと思うんでぜひ訪れてみるのもアリだと思いますよ。
    本当、飯がやたら美味くて最高だし、地元の方達も賑々しくて最高っす!

    いつも御拝読ありがとうございます!
    | ゴリラ | 2012/03/12 7:26 PM |
    ブログを読み、ニュースではわからないことを知ることができました。私は名古屋に住んでいますが、震災前と日常生活は変わらず、被災地に行っていないので、申し訳ないと思うところもあります。
    いつか、ゴリラさんたちに会いたいです。
    | ピンク | 2012/03/14 8:07 AM |
    はじめまして!
    友達のmixiの日記に転載してあって覗かせていただきました!
    よかったらあたしも日記に転載させていただけますか?
    | いし | 2012/03/17 12:40 AM |
    いしさん

    取り急ぎ失礼しまっす!御拝読ありがとうございます!
    ぜひぜひ拡散して下さい。
    | ゴリラ | 2012/03/17 1:39 AM |
    はじめまして!私も友人がmixiの日記にゴリラさんの日記を転載していて、是非私の日記にも転載させて下さい!

    私も去年5月に被災地に行きました。
    私が住んでいるのは福岡で、被災地が遠いというのもあり、私の周りにも何かしたいけど何をすればいいのかわからなくてうずうずしている人が沢山います。

    ゴリラさんのこの経験をもっと私の周りにも広めたいです。
    | さゆり | 2012/03/17 9:33 AM |
    こんばんは。初めまして、このきじを拝見して、凄く涙が出てしまいました。このきじをミクシーに載せたらいいねをつけてくれて嬉しかったです。自分は北九州ですが、いつも東北の皆さんが、幸せに笑顔で暮らますよーにと応援しています。今サンドイッチマンさんの番組サンドのぼんやりーぬ北九州や福岡でも放送してるので、来年北九州と東北で今応援している福岡のアーティストさんのライブを気仙沼市の方や宮城の方にも聴いてもらたらいいなあと考えています。元気と勇気もらえるから、一緒に盛り上げて東北の方を元気にしたいです。
    | ゆっちぃ | 2012/11/25 10:32 PM |
    こんばんは。初めまして、このきじを拝見して、凄く涙が出てしまいました。このきじをミクシーに載せたらいいねをつけてくれて嬉しかったです。自分は北九州ですが、いつも東北の皆さんが、幸せに笑顔で暮らますよーにと応援しています。今サンドイッチマンさんの番組サンドのぼんやりーぬ北九州や福岡でも放送してるので、来年北九州と東北で今応援している福岡のアーティストさんのライブを気仙沼市の方や宮城の方にも聴いてもらたらいいなあと考えています。元気と勇気もらえるから、一緒に盛り上げて東北の方を元気にしたいです。
    | ゆっちぃ | 2012/11/25 11:34 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://gorillamonmon.jugem.jp/trackback/41
    トラックバック